同一Mac内で複数のJoplinを使い分ける

投稿者: | 2020-03-03
Table of Content

何らかの理由で複数のJoplinを使い分けたい場合、起動時にprofileを指定することで、用途ごとにJoplinを使うことができる。

複数のJoplinの切り替え方

複数のJoplinを使うには、データのあるディレクトリを起動時に指定する(ディレクトリが無くても起動時に作成される)。
Windowsでも同じで、データが入るフォルダを指定するだけ。

./Joplin --profile /path/to/somewhere

ターミナルからJoplin起動

ターミナルからJoplin起動

/Applications/Joplin.app/Contents/MacOS/Joplin --profile ~/.config/joplin-myNote  >/dev/null 2>&1 &

Automatorで起動を簡単にする

毎回ターミナルを開いてコマンドを打つのは面倒なので、Automatorでクリックするだけで起動できるようにしたい。

  • Automatorを起動
  • 新規書類 -> 「アプリケーション」を選択

Automator

  • 「ユーティリティー」 -> 「シェルスクリプトを実行」を右側にドラッグ&ドロップ
  • 上記のコマンドを入力
/Applications/Joplin.app/Contents/MacOS/Joplin --profile ~/.config/joplin-myNote  >/dev/null 2>&1 &

Automator

  • 名前をつけて保存する
  • 保存したファイルをダブルクリックするとJoplinが起動する(多重起動はできないようなので、他のJoplinは終了しておく)。

joplin

作成したAutomatorのファイルのアイコンを変える

デフォルトのアイコンはAutomatorのままなので、joplinのアイコンにしたい。

joplinのアイコンをコピー

  • joplinのアイコンを右クリック -> 「情報を見る」を選択

joplinアイコン

  • joplinのアイコンを選択後「Command + C」

joplinアイコン

上で作成したAutomatorのアイコンにペースト

  • 上で作成したAutomatorのアイコンを右クリック -> 「情報を見る」を選択
  • Automatorのアイコンを選択後、「Command + v」

joplinアイコン

多重起動をしないようにする

上記で作成したAutomatorを使ってJoplinを起動する際に、すでにJoplinが起動していた場合うまく行かないので、多重起動を防ぐようにしたい。
(Joplinがすでに起動しているかどうか気にするのが面倒)

  • 上記で作成したAutomatorのファイルを開いて、「AppleScriptを実行」をドラッグ&ドロップする。
    (Joplinを起動させるスクリプトより上にドラッグ&ドロップする )

Automator

  • Joplinを終了させるAppleScriptを入力する。
tell application "Joplin"
    quit
end tell

Automator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA